スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今晩は中間管理職ことKです

今日はすごい大雨でしたね~

お客さんの所へ行っていて道が冠水で通行止めになってました(^_^;)

そして止んだと思ったらこの暑さ!

一体異常気象はいつまで続くのでしょうか?





さて、先週日曜日うちの会社も入ってる組合の会合へ行ってきました

兵庫県下の同業他社24社が加盟している組合です

色んな同業者さんの話を聞きなるほどな~と思う事が有りました

皆さんは解体業者のイメージでどんなイメージをお持ちでしょうか?

多分実際にどんな仕事をしているのか良く分からないと言うのが

大半のご意見だと思います

これは解体業者自体の知名度が非常に低いからです

車業界に一度でも携わった事が有る人で有れば

解体業者は誰でも知っています

でも実際に車を乗っているユーザーさんはどうでしょう?

車が不要になって解体に出されると言う事は知っているかもしれませんが

そこでどんな作業をして解体されるかご存知でしょうか?





今は自動車リサイクル法が有り法令順守しないと

我々解体業者も死活問題になってきますので

リサイクル法通りに解体作業をしています

車が入庫すれば引取業からマニフェストを回し

フロン回収・エアバック回収・解体・破砕と進んで行きます

この解体の部分でシュレッダーダストと言うゴミが出ます

このゴミの部分をリサイクル法で一部賄われています

シュレッダーダストとスクラップ金属に分けられ

このスクラップ金属が常にメーカー欠品中ですので

どんどん鉄の高騰が続いている訳です

何となくご理解頂けましたか?







こう言った情報をもっと透明化しない事には解体業の未来は

有りません。情報はクリアにしてこそ価値が有ります

だから今解体業者は仕入れに必死になっています

1台何万円も出して業者オークションで仕入れをしたり

営業をして地元整備業者へ足を運び仕入れさせてもらったり

これが今までの解体業者の在り方でした

でもその車輌は元々はユーザーさんの車です

ユーザーさんが解体して欲しいと車業者へもって行き

車業者さんは解体業者へ転売しています

おかしいですよね?

解体車な訳ですからほとんどのユーザーさんは

0円で引き取ってもらっている訳です

中には新車値引きとして下取りの金額に査定されているかもしれません

そういう所はまだ信用出来ます

0円と言われたら断りましょう!

お近くの解体業者さんへ電話すれば喜んで買取してくれる筈です

当社は従来の不透明な解体より来店して頂き

査定業務に全力を注いでいます!

今は金額の付かない車輌は有りません!

どんな車輌でも金額を付けています

ぜひご来店下さい!そしてお電話下さい!

お待ちしております~(*^_^*)



スポンサーサイト

今晩は、中間管理職ことKです

さて、国内最大手のオークションサイトと言えば言わずもがな

Yahooオークションでございますが

うちの会社もとうとうストア申請致しました。

この7月からの本格稼動に向けて今猛烈に勉強中です(^_^;)






オークションでも良く同業者の方の出品物を目にします

でもオークションで販売されている中古部品を見てよく思うのは

安かろう悪かろうと言う商品が非常に多いです

匿名性が高いインターネット売買ですので

悪くても安けりゃ良いかと出してらっしゃる方も多いのだと思いますが

実際にどう考えてもこれは使用出来ないだろうと思う物も多数有ります

出してらっしゃる方は車関係のプロの業者さんでも

購入されるのは一般のお客様や業者さんです

結局オークションで購入したが新品部品を使用する事になったと言う例は

うちにも有ります

中古部品を販売する専門のプロとして安かろう悪かろうではダメだと

言わざるを得ません






ここでオークションで中古部品を購入する為のポイントをお教えします


1:部品番号をきちんと商品説明に載せてある
車の部品には何万と言う部品が使用されていますがその全てに

純正部品の番号が有ります、純正番号が分からなければ部品本体に

書いてある品番でも構いません。必ず合わせてみましょう

純正部品ってどうやって調べるの?と言う方はディーラーさんで聞きましょう

直ぐに教えてくれる筈です


2:取引詳細・発送詳細が商品説明と一緒に記載してある
これはオークション取引の方法にも書いてありますが

基本的に商品説明欄に取引詳細・発送詳細の無いオークションは

あまり信用しない方が良いと思います

またもしダメだった場合の返品等は出品者に必ず聞いてみましょう


3:発送費の詳細を確認してみましょう
文字色

自動車の部品は大きな部品から小さな部品まで様々です

大きな部品の場合着払いで発送してもらうと

到着時に請求が何千円も掛かって落札金額よりはるかに

上回ったと言うケースも有ります

運賃がどれ位掛かるのかは落札する前に必ず確認しましょう







ストア申請して思った事ですがストア申請するには

かなり膨大な書類を読んで規定を遵守しなくてはいけません

それでもストア申請出して跳ねられるケースも有る程です

それだけの手間が掛かっているからこそストアさんは信用できる

出品者だと言えるのかもしれません

(まれに悪徳ストアもある様なので必ず評価を確認してみて下さい)

うちもこれからどんどん出して行きたいと思っていますが

何しろ出品作業はかなり面倒なので中々思うようには進みません(^_^.)

うちのメインは高年式軽自動車の部品が多いです

数少ない部品が多いですので見かけた時にはお買い得かもしれませんよ!




プロフィール

rptakeuti

Author:rptakeuti
↑うちの会社のアイドル、ルビーちゃん♪

自動車解体業の中間管理職のブログです。
何を間違ったのか?
オンナなのにも関わらず男社会の車業界で何とかやってマス・・・
解体業の事から中古パーツの利用法等、日々感じた事などを書いています
自動車にまつわるアレコレを女性にも分かりやすく説明しいこうと思っています。
どうぞ宜しくお願い致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。